トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ガキ使収録で骨折 佐野史郎出演シーン“はオンエアされず 4日完全版SPの予告に登場…今度こそ放映となるか

2020年1月1日 0時58分

佐野史郎

写真

 12月31日放送の日本テレビ系バラエティー「絶対に笑ってはいけない 青春ハイスクール24時!」で俳優・佐野史郎(64)の出演シーンは放送されなかった。佐野は11月、同番組収録中の事故により第3腰椎骨折で全治2カ月と診断されていた。

 同番組は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年末スペシャル。佐野は11月6日午後8時ごろ、茨城県内での収録中、液体窒素を充填(じゅうてん)したペットボトルを破裂させた力で宙に浮くという企画で腰を打った。収録後に痛みを訴え病院へ搬送。診断の結果、第3腰椎骨折で手術の必要はないものの全治2カ月と分かった。

 事故を受け佐野は「番組放送に関しては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っています。人間万事塞翁(さいおう)が馬。今回のことを糧に、より精進してまいりたいと存じます」とコメント。同局では、佐野が出演した部分の放送については慎重に検討すると説明していた。

 ネットでは「カット?」「最後まで見ていたんだけど残念…」との反応があったが、番組最後に流された1月4日の完全版SP(日テレ系・午後9時〜)の予告映像に佐野が登場すると「お蔵入りではなかったのね」と安心する声も。今度こそ、出演シーンが放送されるのか。完全版SPに注目が集まる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ