トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

浦田直也がAAA脱退 4月女性暴行で無期限謹慎 今後は個人で活動 西島隆弘らメンバーがコメント「とても悩みました」

2019年12月31日 0時16分

AAAを脱退することが決定した浦田直也

写真

 今年4月、酒に酔って女性の顔を平手打ちする暴行事件で逮捕され、所属事務所から無期限謹慎処分を受けていた人気パフォーマンスグループ・AAAのボーカル浦田直也(37)が31日でグループを脱退する。事務所が発表した。

 浦田は4月19日早朝、東京都内で20代女性に声をかけ、女性の顔をたたくなどして警視庁に逮捕され、同22日から無期限謹慎処分とされた。東京地検は7月、暴行事件を不起訴としていた。

 事務所は31日、脱退に伴い謹慎処分を解除。謹慎解除により、浦田は、今後、個人での活動を行う予定。事務所では「これまで同様温かく見守って頂ければ幸いです」としている。

 浦田は脱退について「ファンの皆さまに悲しい思いをさせてしまったことを後悔し、反省する時間を過ごしてきました」とコメント。さらに「2度と同じ過ちを繰り返さないという強い意思を持ちながら、これからは『浦田直也』として、いろいろな思いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたいと思います。AAAのメンバーでいられたこと、一緒に夢をかなえてきた仲間に出会えたことは僕の人生で一番の宝物です」とメンバーへの感謝を示した。

 浦田を除くAAAの西島隆弘(33)、宇野実彩子(33)らメンバー5人はこの日連名で「人生の半分以上の時間を共に過ごした仲間として、何が正しい選択なのか、とても悩みました。私たちが出した結論はリーダー浦田直也の意思を尊重するということでした」などとするコメントを出した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ