トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「こんな日に旅立つとは、『辰夫オジ』らしい」高橋克典「偶然」現場が葬儀場近く…梅宮さんの出棺間に合う

2019年12月14日 19時23分

高橋克典

写真

 12日に慢性腎不全により81歳で亡くなった俳優の梅宮辰夫(うめみや・たつお、本名辰雄=たつお)さんの葬儀が14日、東京都内の斎場で営まれた。

 梅宮さんと親戚で俳優の高橋克典(54)はこの日、自身のブログを更新。鮮やかな青空の写真とともに、「こんな日に旅立つとは、『辰夫オジ』らしい」と言葉を添えた。ブログには「何という偶然、たまたま今日の撮影現場が叔父のいた場所に近く、しかも只野(ドラマ『特命係長 只野仁』)を撮っていたチームで。昼休みになるとプロデューサー、監督達と駆けつけ、なんとか車を見送ることができました」と、出棺に間に合ったことを明かした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ