トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「向井理がスキ」と寺尾ベタぼれ  クールな「そろばん侍」

2019年12月13日 14時5分

「そろばん侍」について話す向井理(左)と寺尾聰

写真

 俳優の向井理(37)が13日、東京・渋谷のNHKで主演ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛SP〜天空の鷹〜」(来年1月3日午後9時)試写会後に記者会見した。

 そろばん片手に悪を斬る人気時代劇。市兵衛を演じる向井と、息子の死の真相を探る老侍を演じる寺尾聡(72)が藩ぐるみの陰謀に立ち向かう。

 向井は「相変わらず難しいそろばんには悩まされている」と苦笑しつつ、撮影現場では刀を何本も取り換えてリアリティーを追求するアイデアを出すなど「いろいろな経験ができる。僕は現代劇と比較しても時代劇の方が自由度が高いと思う」と今後も時代劇への出演意欲をみせた。

 向井と2度目の共演となる寺尾は「彼の世代でこれだけクールで涼しくスマートに侍を演じてくれる人はいない」。共演相手の好き嫌いで仕事を選ぶことも明かしながら「彼とは相性がいい。理屈じゃない。何だか知らないけど向井がスキ」とベタぼれで、向井も「背中でいろいろ教えてくれる方」と感謝していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ