トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

志尊淳主演でドラマ“金魚姫”制作「素晴らしい作品…楽しみすぎる気持ちと怖すぎる気持ち共存」

2019年12月10日 18時56分

ドラマ「金魚姫」に主演する志尊淳

写真

 NHKは俳優志尊淳(24)主演で直木賞作家・荻原浩さんの傑作小説を原作にドラマ「金魚姫」の制作を開始した。

 人生に行き詰まった青年・潤(志尊)が金魚の化身の美女と出会い、生きる意味を見いだしていくストーリー。謎めいたこの美女・リュウを瀧本美織(28)が演じる。

 志尊は「『金魚姫』という素晴らしい原作。不条理の世界からの言葉が美しく、はかなく、突き刺さります。今は楽しみすぎる気持ちと怖すぎる気持ちが共存していますが、ただただこの貴重な時間の中でもがいて、あがいて楽しんで生きます」とコメント。瀧本も「リュウは強い思いを抱いて生まれ変わり続けている女性。手づくりのリュウの衣装を身にまとうと『強くあれ』と言われているようなそんな気持ちになりました」と意気込みを寄せた。

 出演はほかに国村隼(64)ら。放送はBSプレミアムで来年3月29日午後9時。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ