トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

長谷川京子「山は越えない選択はない」 8年ぶりの舞台、大役に意欲

2019年12月10日 15時50分

主演舞台「メアリ・スチュアート」の製作発表に出席した長谷川京子

写真

 女優長谷川京子(41)が10日、東京都内で主演舞台「メアリ・スチュアート」(森新太郎演出)の製作発表に出席した。

 16世紀のスコットランド女王メアリ(長谷川)とイングランド女王エリザベス(シルビア・グラブ)の歴史的な対立を描く。

 長谷川はこの日、胸元が大胆に開いたドレスで登壇。8年ぶりの舞台に「いつでも(舞台は)ウエルカムの状態だった。こんな大役だったので一瞬どうしようか…と」と本音を口にしつつ、「性分的に山は越えない選択はない。やれると思われてキャスティングしてくれた。根拠のない自信があって挑戦しました」と意欲をみなぎらせた。

 一方シルビアは、大量のセリフに「おびえている」と明かすも、「厳しい状況も耐えていく。本番は怖いけど楽しみ」。

 ほかに、三浦涼介(32)、吉田栄作(50)、鷲尾真知子(70)、山崎一(62)、藤木孝(79)が出演する。

 来年1月27日〜2月16日まで東京・世田谷パブリックシアターで。 

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ