トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

世界10の国・地域でiTunesアルバム1位!新人10冠 2PMやTWICEの弟分Stray Kids満を持して日本デビュー

2019年12月4日 0時0分

ファンクラブ会員限定のジャパンショーケースに出演したStray Kidsの(前列左から)ハン、バンチャン、フィリックス、ヒョンジン、(後列左から)チャンビン、アイエン、リノ、スンミン

写真

 韓国の8人組ボーイズグループ「Stray Kids(ストレイキッズ)」が来年3月にアルバムを発売し、日本デビューすることが決まった。3日、東京・国立代々木競技場で開催したファンクラブ限定ライブで発表した。2PMやTWICEの弟分として昨年3月に韓国でデビューし、K―POP史上最速でアジア、欧州、米国、豪州の12都市を回るワールドツアーを開催。韓国で新人賞10冠も獲得し、世界中で注目を浴びるグループが日本でも旋風を巻き起こす。

 スクリーンに踊った「2020 Japan Debut」の文字に、ファン8000人が耳をつんざくほどの大歓声を上げた。3月に日本独自アルバムを発売し、待望のデビューを飾る。

 「2020年3月の日本デビューが決まり、もっと気持ちが引き締まりました。これからもメンバー一丸となって走り続けます。いつもそばにいてください」と呼び掛けたリーダーのバンチャン(22)をはじめ、8人全員が日本語で喜びを語った。

 Stray Kidsは平均年齢19.6歳の次世代ボーイズグループで、「SKZ(スキズ)」の愛称で親しまれている。直訳では「さまよう子どもたち」という意味だが、決められた枠にとらわれず、既存のどのグループとも違った個性や魅力を存分に発揮するという意味が込められている。

ジャパンショーケースで踊るStray Kids

写真

 全員が楽曲制作に関わり、すべてが自作曲。通常のボーカルのみならず、メンバー5人がラップを歌えるのが強力な武器だ。顔面偏差値も、息ぴったりのダンスもハイレベル。中毒性の高い楽曲が世界中の女性ファンをとりこにしている。

 デビューアルバム「I am NOT」は海外10の国・地域(米国、メキシコ、ペルー、フィンランド、ロシア、シンガポール、アルゼンチン、マレーシア、台湾、タイ)のiTunesアルバムチャート第1位を獲得。同作を引っ提げて史上最速となるワールドツアーを開催し、全13公演がソールドアウトした。

 昨年から今年にかけて、韓国では異例の新人賞10冠を達成。今年9月に横浜市のパシフィコ横浜国立大ホールで開催した日本初ライブには、約4000人のキャパに対し10倍を超える申し込みが殺到していた。

 この日のステージでは、「My Pace」「MIROH」など12曲を披露。ハン(19)は「デビューも決まってうれしさ百倍です。これからステキな曲作りします!」と宣言した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ