トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「固いスクラムでONE TEAMに」BEYOOOOONDS、“びよ〜ん”と飛躍誓った

2019年12月2日 21時31分

初の単独ライブを行ったBEYOOOOONDS

写真

 女性アイドルグループ「BEYOOOOONDS」(ビヨーンズ)が2日、東京都内で初の単独ライブを行った。ハロー!プロジェクト所属、「第61回日本レコード大賞」で新人賞に選ばれた注目のグループ。趣味がラグビー観戦という岡村美波(15)は「固いスクラムを組んでONE TEAMとなって頑張ります!」と、“びよ〜ん”と飛躍を誓った。

 ビヨーンズは昨年8月に結成され、同12月3日に12人体制となった。空手二段の前田こころ(17)ら個性豊かなメンバーが寸劇の要素を取り入れたパフォーマンスで人気急上昇中。デビュー曲「眼鏡の男の子」は、ハロプロ史上初となるオリコン週間ランキング初登場1位の快挙を達成した。

 高瀬くるみ(20)は「がむしゃらにあっという間の1年だった。(新人賞に)ふさわしいグループになりたい」と決意を語った。ライブは小林萌花(19)による「小夜曲“眼鏡の男の子”」のピアノソロ演奏で開幕し、デビュー曲など計17曲を2200人に届けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ