トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「ゲス乙女」川谷絵音が手掛ける「ジェニーハイ」BiSHメンバーとのコラボ曲初披露 サプライズゲストも来た!

2019年11月27日 20時18分

フリーライブを行った川谷絵音(右)がプロデュース兼ギターを務める「ジェニーハイ」

写真

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(30)がプロデュース兼ギターを務める5人組バンド「ジェニーハイ」が27日、東京都内でアルバム「ジェニーハイストーリー」の発売記念ライブを行った。楽器を持たない“パンクバンド”として人気の女性6人組「BiSH」のアイナ・ジ・エンドも参戦し、コラボ曲「不便な可愛げ」を初披露し、約3000人が歓声を上げた。

 ミュージシャン、お笑い芸人、作曲家など異分野の5人が集結。この日は、アイナのファンであるお笑いコンビ「千鳥」のノブ(39)がサプライズで登場した。ドラム担当でお笑い芸人の小籔千豊(46)が「ノブ。何歌えんねん」と突っ込むと、ノブは「米津玄師のLemonだけじゃい」と笑いを起こした。また、メンバー全員が自己紹介をする「ジェニーハイのテーマ」、YouTubeで再生回数1000万回を超えたデビュー曲「片目で異常に恋してる」など計7曲を披露した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ