トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

“純烈の弟分”LAST FIRSTがデビュー「何があろうと力合わせて乗りきって」本家からメッセージ

2019年11月20日 21時0分

デビュー記念ライブを行ったLAST FIRST。左からOSA、YOUSUKE、GACKY

写真

 男性3人組のボーカルユニットLAST FIRSTが20日、東京・六本木でデビュー記念ライブを行った。

 かつてボーカルユニット「GiFT」で活動していたYOUSUKE(38)をリーダーに、OSA(39)、GACKY(39)の3人が2016年に結成。近年はライブ活動の場を健康ランドにも広げ“純烈の弟分”として人気だ。

 デビュー曲「応援歌」などを息の合ったハーモニーで熱唱。純烈のメンバーからは「何があろうと力を合わせて乗りきってください。応援してます!」とのお祝いのビデオメッセージも届き、「武道館公演を目指して頑張ります!」と誓った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ