トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

生誕100年バタヤンをしのぶ…田端義夫さん50年以上愛用のギターで五木ひろし「かえり船」熱唱

2019年11月19日 0時46分

熱唱する五木ひろし(左から5人目)ら

写真

 戦前から平成まで活躍した歌手・田端義夫さん(2013年没、94歳)の生誕100年を記念した「東京でオース!バタヤン〜豪華スター1日限りの名曲コンサート」が18日、東京・浅草公会堂で昼夜2公演行われ、鳥羽一郎(67)、川中美幸(63)、BEGINの比嘉栄昇(51)ら8組がゆかりの歌を披露した。

 五木ひろし(71)は、田端さんが50年以上愛用していた1953年の米ナショナル社製ギターを、本人が亡くなって初めて弾いて「かえり船」を熱唱。長女でマネジャーだった勝山紗穂里さんが、父の豪快伝説などを披露してファンを楽しませた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ