トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

松本零士さんに届け!ゴダイゴがアンコールで「銀河鉄道999」熱唱「どのくらいの状態なのか…心配です」

2019年11月16日 18時40分

ミッキー吉野とタケカワユキヒデ

写真

 ロックバンド「ゴダイゴ」が16日、東京の中野サンプラザでコンサートを開催。イタリアで脳卒中と報じられた漫画家・松本零士さん(81)の無事を祈るように大ヒット曲「銀河鉄道999」など17曲を熱唱した。

 開演前の囲み取材では、松本さんと一番親交があるボーカルのタケカワユキヒデ(67)が「どのくらいの状態なのか…心配ですね。無事だといいなと思います」と沈痛な表情。最近の様子については「去年5月に舞台の『銀河鉄道999』でお会いした時は、全然変わりなく元気でした」と話した。

 コンサートではアンコールのラストで「銀河鉄道999」を披露。1979年公開の同名アニメ映画でゴダイゴが主題歌を担当し、タケカワは「ものすごく映画がヒットして、めまぐるしくて何だかわからなかった」と当時を回想。松本さんとの交流が始まったのは約20年前からで「漫画の出版社のパーティーで初めてちゃんとあいさつしてから仲良くなった」と懐かしんだ。

 この日は1980年にゴダイゴが初めて中国でロックを演奏した時の内容を再現。中国のスター歌手・郭峰(グォ・フォン)や、タケカワの三女で昨夏に中国人と結婚した歌手の武川基(もとい、33)も出演。来年5月24日に日比谷野外音楽堂で東京五輪の公認イベント「TOKYO2020応援プログラム日中友好音楽祭2020 瞬間的永恒コンサート」を開催することも発表した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ