トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「気持ち良かった」銀シャリ鰻が「弁士サミット」で“カツベン”披露 橋本は小声でツッコミ

2019年11月11日 21時9分

現役弁士との対決に挑んだ銀シャリの鰻和弘(左から3人目)、橋本直(同4人目)

写真

 お笑いコンビ・銀シャリの鰻和弘(36)と橋本直(39)が11日、東京都内の劇場で行われた映画「カツベン!」(周防正行監督、12月13日公開)の公開を記念したイベント「弁士サミット」にゲスト出演した。

 映画が「活動写真」という名で呼ばれ、声もなくモノクロだった大正時代を舞台に、作品内容を語りで表現する「活弁士」に憧れる主人公(成田凌)の恋模様などを描いた同作。

 現役弁士の4人に続き鰻が「見たままをしっかり活弁したいです」と意気込み、同作のメーキング映像での活弁を披露。鰻がロケ現場の寒さをネタに独自の視点で表現し、橋本が小声でツッコミ。16年の「M-1グランプリ」優勝の実力を披露すると、鰻は「気持ち良かったです」と満足げだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ