トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

横山由依、拳銃&指つめ!? 向井地美音と兄弟盃も

2019年11月9日 紙面から

劇中の衣装を初披露した、AKB48グループ博多座特別公演「仁義なき戦い−」の出演者

写真

 AKB48グループの福岡・博多座での特別公演「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜」(11月9〜24日)の公開舞台稽古が8日、同所で行われ、メンバーたちが劇中の衣装姿を初披露。本番さながらの熱演をみせた。稽古前の囲み取材で座長をつとめるAKB48の横山由依(26)は、「舞台を見てパワーを受け取ってもらえたらと思う。『明日からがんばろう』とか『明日から楽しもう』と思っていただけたらうれしい」とアピールした。

 同作は、飯干晃一さんの「仁義なき戦い」(角川文庫)を原案に、東映の実録路線映画の金字塔「仁義なき戦い」(深作欣二監督、1973年公開)を舞台化。48グループのメンバーたちといえば、これまでドラマでヤンキー、キャバクラ嬢、プロレスラーなどを演じたが、今作で初の任侠(にんきょう)役に体当たりで挑むことになった。

 また横山が演じる主人公の広能昌三はAKB・STU48の岡田奈々(22)とWキャスト。この日の稽古には、9日から14日までのキャストAのメンバーたちが参加。キャストBのメンバーたちは16日から千秋楽の24日まで出演する。

 横山は「舞台ならではのハプニングもあると思うけど、みんなでケガをしないように楽しくやっていきたい。この舞台で(メンバーたちの)きずなも深まったと思う」とこれまでの稽古を振り返った。

 横山から48グループの総監督を受け継いだAKBの向井地美音(21)は、「今年は総選挙もじゃんけん大会もなくていつもと違う1年だった」と活動を振り返り、「日本中の48グループが集まってお芝居をがんばれる機会がうれしい。お芝居を通して、48グループの魅力を伝えたい」と意気込んだ。

 オープニングは映画のファンにはおなじみのテーマ曲で幕を開けた。リアリティーを出すため映画版のシーンをなるべく忠実に再現。横山は拳銃をぶっ放し、指つめシーンも。獄中で出会った向井地演じる若杉寛と兄弟分の盃(さかずき)を交わすため、互いの手をナイフで切って血をすすり合った。ほかのメンバーたちもドスの利いた広島弁ですごみ、体を張った殺陣を披露した。

兄弟盃を交わす場面。左から4人目が広能昌三を演じる横山

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ