トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

アンジャ渡部 相方は「児嶋だよ」で家建てた 「夢がある。僕のヒーロー」

2019年11月8日 18時10分

アフレコに臨んだ渡部建

写真

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)と女優木村佳乃(43)が8日、東京都内で、声優を務めた人気アニメの劇場版「映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」(12月13日公開)の公開アフレコイベントに登場した。

 変身ヒーローものの今作にちなみ、なりたいヒーローを問われた渡部は「体を大きくして、ひげを生やしてリーチマイケル選手になりたい」と回答。ラグビーW杯で日本を史上初のベスト8に導いた立役者をたたえ「日本中を熱狂させたチームのキャプテンですから変身したい」と語った。

 さらに自身のヒーローを聞かれると、意外にも相方の児嶋一哉(47)を挙げた。「『おい』『こらッ』『児嶋だよ』だけで都内の一等地に家を建てた。すごくないですか。夢がある。僕のヒーローです」と称賛。

 グルメで知られる渡部だけに「妖怪ウォッチの世界をグルメに例えると?」と言われると、「楽しい要素がいっぱいあるので『お子さまランチ』。ナポリタンあり、ウインナーあり、エビフライあり、オムライスあり・・・」と答えていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ