トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

世界の美女82人、マグロ解体を堪能

2019年11月8日 17時25分

「すしざんまい」に集まったミス・インターナショナル世界大会出場者たち。手前左から2人目が日本代表の岡田朋峰さん

写真

 ミス・インターナショナル世界大会日本代表の岡田朋峰(ともみ)さん(21)が8日、世界大会出場の代表たちと東京・築地の「すしざんまい 奥の院」を訪問、マグロの解体ショーとすしを思いっきり堪能した。

 ミス総勢82人は、220キロのマグロが解体される様子を興味深く、こわごわ見守った。木村清社長(67)は「これはいいマグロですよ」と太鼓判を押した。マグロは北大西洋産で、価格は「軽乗用車が買えるくらい」(関係者)。約1万貫のすしになるという。

 岡田さんは「おいしいマグロ食べてベストを尽くしたい。特に大トロが大好き」と笑顔を見せ、「父(俳優の故・岡田真澄さん)はマグロの漬け丼が好きでした」と明かした。ミスの仲間たちとは「あと6人で全員とのツーショット写真が撮れるのであと少し」と仲の良さを語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ