トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

桜木元市議「受け入れられない」 頭振り、判決聞き入る

2019年11月8日 13時15分

判決公判後、中国・広州市の中級人民法院前で、記者の取材に応じる桜木琢磨被告の弁護人=8日(共同)

写真

 【広州共同】頭を振り納得いかない様子で判決に聞き入った―。中国・広州の中級人民法院(地裁)で開かれた愛知県稲沢市の元市議、桜木琢磨被告(76)の8日の判決公判。無期懲役が言い渡され、桜木被告は「受け入れられない」と弁護人に語った。弁護人が同日、廷内の様子を明らかにした。

 弁護人によると、長期の拘束生活で桜木被告の体調は悪化。被告は先週「(逮捕されてから)6年間頑張ってきたので、結果に期待している」と語っていて、今回の判決に落胆した様子だった。ただ、判決後に2人で「最後まで闘う」と誓い合ったという。

 日本から傍聴のため訪中した桜木被告の息子はがっかりした様子で、公判中は厳しい表情を崩さなかったという。

 地裁周辺には日本の報道陣数十人が集まり、地裁職員や警備員が監視し、ものものしい雰囲気に。通行人らが驚いた様子で眺めていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ