トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

“ゆきりんワールド”に「やりたいことを全部詰め込みました」 AKB柏木由紀1年2カ月ぶり単独公演

2019年11月1日 22時37分

花を装飾したブランコに乗って熱唱する柏木由紀=中野サンプラザホールで

写真

 アイドルグループ「AKB48」の柏木由紀(28)が1日、東京・中野サンプラザホールで、「寝ても覚めてもゆきりんワールド夢中にさせちゃうぞっinTokyo」と題したソロコンサートを開催した。単独公演は1年2カ月ぶりで、中野サンプラザでは初コンサートの2012年7月13日以来7年4カ月ぶりとなる。

 「初めてソロコンサートをやらせていただいた中野サンプラザで7年ぶりにコンサートをやらせていただきました!今回は『わたしが思う大人のアイドル』をテーマに、等身大の柏木由紀をお届けしたつもりです。ダンスナンバーを取り入れたり、高いブランコに立ったり座ったり、やりたいことを全部詰め込みました」

 AKBのヒット曲「Everyday、カチューシャ」や最新曲「サステナブル」などを含む23曲を披露し、ファン2000人を“ゆきりんワールド”にいざなった柏木は今後について「AKB48とソロ活動を両立していって、たくさんの方に歌を聴いていただけたらうれしいです」と語った。9日には自身3度目の中国・上海公演を開催する。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ