トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「bless4」の末っ子AIKI “籠”を飛び出した

2019年10月28日 紙面から

ソロデビューに向けてパワー全開のステージを見せたAIKI=大阪アニメーションスクール・ドリームホールで

写真

 兄弟姉妹4人のユニット「bless4」の末っ子、AIKI(年齢非公表)が26日夜、大阪アニメーションスクール・ドリームホールで行ったbless4のライブで、30日発売のソロデビュー曲「籠の中の僕らは」を初めてフルで披露、ファンを大喜びさせた。

 bless4の4人は、沖縄出身の両親を持ち、米国で育ったことから、ネイティブな英語、兄弟姉妹ならではの絶妙のコーラスワーク、テコンドーやダンスパフォーマンスを駆使したステージで人気沸騰中。次女AKINOをフィーチャーした「創聖のアクエリオン」が300万ダウンロードを記録したことで知られる。

 ライブは、和太鼓を従えた「WARRIOR」からスタート。この日はエイサーも交えたパワフルなダンスで、会場を一気にヒートアップさせた。

 後半、AIKIがソロで登場。「来週、アニメ『星合の空』のエンディングソングをリリースします」とソロデビューを報告すると、祝福の歓声があがった。

 10日にスタートしたアニメに登場するのはソフトテニス部だが、AIKIは歌にちなんで“自分の籠”に閉じこもらず、何かを打ち破ろうと水泳に挑戦したことを告白。沖縄に住んだことがあるので水泳は得意と思われがちだが、最近まで全く泳げなかったそうで、「この曲のおかげで泳げるようになりました!」と話し掛けると、再び大きな歓声が上がった。

 「ぜひ、この曲を聴いてもらって、自分が出たい“籠”は何かを考えてもらえたらうれしいです。私も皆さんと一緒に成長していきたいです」と続けて、ソロ活動をスタートさせた。

 bless4のツアーは、11月15日の川崎クラブチッタでファイナルとなる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ