トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

チュート徳井は「脱税まがいの悪意ある申告漏れ」重加算税に意図的隠蔽の可能性指摘

2019年10月23日 18時25分

徳井義実

写真

 税務に関する著書が多数ある「落合会計事務所」(東京・世田谷区)所長の落合孝裕税理士は、徳井の例について「納税申告に事実の隠蔽(いんぺい)があった時の重加算税も課せられていることから、脱税まがいの悪意ある申告漏れだった」と指摘する。

 徳井は16年から3年間は所得を一切申告していなかったが、「売り上げがなかったことになる。吉本興業からの入金がなかったはずはない」と疑問視した。また国税当局が問題視した旅費や洋服代など多額の出費を経費として計上していた点には「友人との旅行など、明らかに私的と分かる出費が含まれていたのではないか」と推測した。

 申告漏れが7年と長期間にわたることにも「本人が知らなかったとは考えにくい」と注目。契約する会計事務所に、出入金が記録された通帳を提出しないなどの意図的な隠蔽があったのでは、との見方を示した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ