トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

本田望結、久兵衛のすしを堪能 初めて食べたしゃこは「大人の味です」、温暖化を考える「寿司が消える日」キャンペーン

2019年9月22日 18時23分

大好きなすしをほおばる本田望結

写真

 女優でフィギュアスケーターの本田望結(15)が22日、都内で地球温暖化問題がテーマのキャンペーン「寿司が消える日」に出席。東京・銀座の有名店、銀座久兵衛のすしを味わいながら地球環境や食料問題について考えた。

 このキャンペーンは、微細藻類のミドリムシを使った機能性食品などを開発・販売するユーグレナが企画。すしのネタが温暖化の影響で近海で消滅する可能性があることを訴える。

 すしが大好きという本田は、はじめてのしゃこをほおばって「大人の味です」とにっこり。この1年に身長が約10センチ伸び、大人っぽさを増した本田。「成長期で体重も増える。しっかりと体をつくって試合に臨みたい」。身近なすしネタが危機にあることについて「後回しにせず、小さなことから取り組みたい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ