トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

Flower解散 中島美央がサッカー選手と結婚へ 現在妊娠中、来年ママに

2019年9月20日 20時1分

富樫敬真(左)中島美央(右)

写真

 女性ダンス&ボーカルグループ「Flower」が今月末をもって解散する。20日、所属事務所「LDH JAPAN」が発表した。同時にメンバーの中島美央(25)がサッカーJ2のFC町田ゼルビアの富樫敬真(けいまん)選手(26)と結婚予定で現在妊娠中であることも報告。これまでもグループの将来についてたびたび話し合いを重ねてきた5人が、中島のオメデタを機に別々の道を歩むことを選んだという。中島は今年いっぱいで芸能界も引退する。

 「このたび、私は、かねてお付き合いしておりましたサッカー選手であるFC町田ゼルビアの富樫敬真さんと入籍させていただくことになりました。同時に新しい命も授かっており、ようやく安定期にも入って来年には出産を予定しております」

 突然の報告に続いて、中島はこう続けた。「私は、Flowerはもちろん自分自身の未来を考え始めてから、私らしい女性としての輝きとは何なのか、日々考えるようになり、年内をもってこの世界から離れて新たな道へと進んでいく決断をしました」

解散を発表したFlower。左から重留真波、佐藤晴美、鷲尾伶菜、坂東希、中島美央

写真

 Flowerは2010年に4人のパフォーマーからスタートし、オーディションで選ばれた3人と新たなパフォーマー2人を加えた9人体制で11年10月にデビュー。16年9月発売のベスト盤で初のオリコン1位を獲得したが、途中4人が脱退。18年から重留真波(24)、鷲尾伶菜(25)、坂東希(22)、佐藤晴美(24)、中島の5人体制となっていた。

 鷲尾は「Flowerの今後の形や在り方、そしてそれぞれの人生についてメンバー全員で改めて考えていた時に中島の結婚報告を受け、うれしい報告とともにそれぞれの道にみんなが進み始めるきっかけをいただくことができました」と説明。佐藤も中島の妊娠を喜びつつ「グループのことを思ったとき、このタイミングでそれぞれの未来に進むべきだと感じ、Flowerでの活動にピリオドを打つことを決断しました」と報告した。

 グループ解散後、重留はソロ、佐藤と坂東はE―girlsとして引き続き活動する。鷲尾はE―girlsのボーカルに加え、ソロ歌手として新たな一歩を踏み出すという。

 リーダーの重留は「出会いと別れを多く繰り返してきたグループですが、今となっては家族よりも長い時間を過ごし、苦難と幸せを一緒に味わってきた大切なメンバーに出会えたことは私の自慢で、このメンバーに出会っていなければ今の私もこれからの私もありません。私はメンバーが大好きです」と愛情をにじませた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ