トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

中尾明慶「パパすごいと尊敬される」 怪獣の仕事を長男に気付かれ喜ぶ

2019年9月19日 19時20分

中尾明慶(右から2人目)と声優陣(左から福園美里、久野美咲、真堂圭)、中央はピグちゃん

写真

 俳優の中尾明慶(31)が19日、東京・渋谷のNHK本社でEテレのミニアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」(27日スタート、毎週金午後5時20分)試写会後に記者会見した。

 ピグモンやカネゴン、ダダなどの懐かしいウルトラマン怪獣たちをかわいい子どもにリメイク。ナレーションを務める中尾は5歳の長男にDVDで見せたところ「パパ、これ面白いね」と言われたことを明かし、「親の目線で見ても子どもたちの生活の一部を切り取ったような、子育てする上で考えさせられる作品になっている」とアピールした。

 俳優として出演した作品はまだ長男に見せないようにしているそうだが、今回は「これパパの声でしょ?」と気付かれたという。中尾は「怪獣の仕事をしているパパはすごいと尊敬されているので、ちょっと鼻が高い」と喜んでいた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ