トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

広瀬すずから戸田恵梨香へ 朝ドラヒロインがバトンタッチ

2019年9月17日 11時14分

プレゼントを交換した戸田恵梨香(左)と広瀬すず

写真

 28日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「なつぞら」の主役、広瀬すず(21)と、次回作「スカーレット」(30日スタート)の戸田恵梨香(31)が17日、大阪市中央区の同局で、ヒロイン・バトンタッチセレモニーを行った。

 セレモニー恒例の“世界にひとつだけのプレゼント交換”は、戸田から広瀬へマグカップ、広瀬から戸田へは絵画が贈られた。

 マグカップは、陶芸家を演じる戸田が、役作りのために陶芸のけいこをして、作品の舞台である滋賀県で手作りした信楽焼。「長い間、お疲れ様。ひと息ついてください」との思いを込めたそうで、手にした広瀬は「忙しい中、ありがとうございます。これで一服します」と目を細めて一礼した。

 一方の絵画は、「なつぞら」でアニメ製作指導を担当した刈谷仁美さんが、「スカーレット」の主人公喜美子が陶芸に打ち込む姿を描いたもの。「温かくて、喜美子が、なつぞらの世界観に入り込んでますね」と戸田は感激していた。

 既にクランアップしている広瀬は、今後も撮影が続く戸田に「長いけど、私が大丈夫だったので、きっと大丈夫。ヒロインをずっと演じるのは大変だと思うけど頑張ってください」とエールを送った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ