トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

V6森田剛、闇に落ちていく 舞台「FORTUNE」で主演

2019年9月17日 紙面から

舞台「FORTUNE」に主演するV6の森田剛(左)とヒロインの吉岡里帆

写真

 アイドルグループ「V6」の森田剛(40)が来年1月14日〜2月2日まで、東京都豊島区の東京芸術劇場プレイハウスで上演される舞台「FORTUNE」に主演することが決まった。

 イギリス演劇界をけん引する劇作家サイモン・スティーヴンスが、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表作「ファウスト」を現代のロンドンを舞台に置き換えた新作を世界初上演。英国有数の劇場で数々の作品を手掛けたショーン・ホームズさんが演出を手掛ける。

 森田は14年の「真夜中に犬に起こった奇妙な事件」以来、2度目のスティーヴンス作品への挑戦。今作で演じる主人公の映画監督・フォーチュンは、過去の出来事から喪失感を抱えて生きながらも、恋人・財産・名誉と望むもの全てを手に入れるために悪魔と契約を結び、闇へと落ちていく。

 「サイモンの戯曲は精神的に強く揺さぶられるので、前回とても苦しんだことも思い出し、そこにまた飛び込むことにも勇気が要りました。ただ同時に、幕が開いた瞬間になぜかすべて報われた感覚も経験したので、今はそれをもう一度味わってみたいという気持ちが強くなっています」と森田は決意を語った。

 フォーチュンが思いを寄せるヒロイン・マギー役を演じるのは女優の吉岡里帆(26)。「読めば読むほど、心も身体も全部この作品に注ぎ込みたいと思いました。このような作品に参加させていただけることは本当にぜいたくで、とても幸せです」と喜んでいる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ