トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

三谷幸喜「広瀬アリスは9割が変顔」 女優魂にご満悦

2019年8月31日 17時25分

柿沢勇人演じるシャーロック・ホームズ(右)に事件を依頼するヴァイオレット役の広瀬アリス=東京・世田谷パブリックシアターで(木口慎子撮影)

写真

 俳優の柿澤勇人(31)、女優の広瀬アリス(24)らが31日、東京・世田谷パブリックシアターで演出家の三谷幸喜さん(58)が手掛ける舞台「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」の公開稽古に参加した。同所で9月1〜29日。

 広瀬は三谷作品初参加で「男性なのに母のように優しく、見守って教えてくれる」と表現した。一方、三谷さんは変顔の珍指令にも即座に応えてくれる女優魂にご満悦の様子。「すてきなオモチャを頂いた。何でもやってくれる。(広瀬は)9割が変顔です」と笑いを誘った。

 主演の柿澤は若き名探偵・ホームズを演じる。大役をつかみ「声を掛けてくれて泣きそうになりました。千秋楽が終わってから泣ければいいかな」と意気込みを語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ