トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

アンカーいとうあさこ放送終了に間に合わず 24時間テレビ、「ごめんなさい」4分遅れ涙のゴール

2019年8月25日 23時45分

24時間駅伝のゴールを目指す(左から)近藤春菜、いとうあさこ、よしこ、水卜麻美アナ=両国国技館で(坂本亜由理撮影)

写真

 日本テレビ系「24時間テレビ42」(24日午後6時30分〜25日午後8時54分)で24時間駅伝に挑んだ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)、「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)、日テレの水卜麻美アナウンサー(32)、タレントいとうあさこ(49)が総距離148.78キロを完走した。アンカーのいとうは放送終了に間に合わなかったが、午後8時58分、最後は4人で手をつないでゴール。東京・両国国技館に、全員の涙と汗、絆がつまった黄色いたすきを届けた。

 「ごめんなさい」。4人でつないだ手を高らかに上げてゴールテープを切った後、輪になって号泣しながら喜びを分かち合ったが、いとうの口から出た第一声は謝罪だった。

 ひざも脚も限界を超えていた。ゴールが近づくにつれて意識が遠のくように信号待ちの際は口を開けたまま目を閉じる場面も。それでも放送に間に合うよう、懸命に腕を振り、ラストスパートで持てる力を出し切ったが4分届かなかった。「時間内にゴールできなくてごめんなさい。でも4人のたすきを国技館まで持ってきました」。会場の温かい拍手にようやく笑顔が戻った。

 24日午後8時29分に関東近郊でスタートした24時間駅伝。第1走者の近藤と第2走者のよしこは猛暑による熱中症やケガのリスクなども考慮して当初の予定より10キロ減らして32・195キロとなった。

 近藤は予定より早い5時間41分で走破し、深夜から夜明けを駆け抜けたよしこも5時間58分で水卜アナへたすきをつないだ。現役の局アナおよび総合司会がランナーを務めるのは初めて。水卜アナが走者であることは放送当日の24日に発表された。6月上旬に打診を受け、秘密裏に週3日走り込んだ。毎日の筋トレも欠かさず、総走行距離は265キロに。体もスリムになって準備は万端だった。

 水卜アナも6時間9分48秒で完走し「最高に楽しかったです!」と充実感をにじませた。たすきには「4人でゴール」と書いてある。「たすきって『1+1+1+1』じゃない。もっと大きな力が1本に込められているんだと思い、感動しました」と沿道から声援を送ってくれた人たちにも感謝をにじませた。

 近藤も「この4人で走れて本当に幸せでした」とニッコリ。よしこは「24時間テレビに出させていただいた奇跡と、こんなすばらしい先輩たちと走らせてくれた奇跡。生まれ変わってもこの4人で走りたい」と絆をアピールした。

 ことしの番組テーマは「人と人」。“ぽっちゃり4人娘”がたすきリレーでその言葉が持つ力を証明してみせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ