トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

高畑裕太、報道陣に小さくお辞儀 復帰舞台が千秋楽 事件については触れず

2019年8月25日 17時57分

千秋楽が終わり取材陣に一礼しながら車で劇場を出る高畑裕太

写真

 俳優の高畑裕太(25)が出演する舞台「さよなら西湖クン」が25日、東京・下北沢の小劇場B1で千秋楽を迎えた。2016年の強姦(ごうかん)致傷事件以降、芸能活動を休止していた高畑は14公演に出演して復帰。カーテンコールで観客に深々と頭を下げたが、事件については触れずじまいだった。

 同作は高校野球部のOB6人が再会して青春時代の思い出を振り返りつつ、過去の苦い記憶に折り合いをつけようともがく群像劇。高畑は粗野ながら実は小心者の男の役を熱演した。終演後、他の5人の出演者と声をそろえて「ありがとうございました」とあいさつしてステージを降りた。

 その後は関係者が運転する車の後部座席に乗り込み、集まった報道陣に小さくお辞儀をして劇場を後にした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ