トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ウエンツは毛むくじゃらで頑張ってる 小池徹平

2019年8月25日 14時30分

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ベスト30と対面する小池徹平(2列目左から8人目)。最前列左はキャラクターのシナモン

写真

 イケメン俳優の登竜門「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のベスト30お披露目イベントが25日、東京都内で行われ、第14代グランプリの小池徹平(33)がゲストで出席した。

 小池は1万7165人の中から選ばれた34人(欠席1人)と初対面した。最年長は23歳、最年少は12歳。11月24日の最終選考会で令和初のグランプリが決定する。愛知県出身の19歳、山北れもんさんには「本名なの?すごくいい名前だね。(肌の)色も白い!」と興味津々の様子だった。

 ベスト30の中にサンリオのキャラクター「シナモン」が入っていることにもツッコミを入れ「シナモンくんにも投票できるんですよね? 本当に(シナモンのグランプリが)あるかも」と笑った。

 芸能界に入って一番つらかったことを問われると、悩んだ末に「ウエンツ(瑛士)がイギリスに行っちゃったことかな」と、人気デュオ「WaT」(16年解散)の元相方が英国に演劇留学したことを挙げたが、即座に「いや、つらくないわ。頑張ってるもん、あいつは。すごく勉強しています」とたたえた。

 頻繁にLINEで連絡を取っているそうで「写真は送られてきますよ。毛むくじゃらのウエンツとか。男っぽくてりりしくなって、すごくいい感じ!」と報告した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ