トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ASKAがチャゲアス脱退表明、ソロ活動へ デビュー40周年の日に

2019年8月25日 14時15分

写真

 歌手のASKA(61)が活動停止中だった「CHAGE and ASKA」からの脱退を表明した。8月25日、自身のブログで明らかにするとともに、所属事務所もホームページで発表した。今後はソロ活動するという。

 1979年8月25日にデビューし、今年が活動40年の節目だが、2009年2月に無期限活動停止を発表していた。事務所のホームページでは、今後の活動を継続していく中で、グループを維持していくのが最善の選択かどうかASKAやスタッフが話し合った結果、デビューした同日をもって脱退することを決めたとし、今後はソロ活動をするとした。

 ASKAは長文にわたるブログの中で「私は社会から痛烈に非難を浴びる事件を起こしてしまいましたので、本日の発表がそれに結び付けられる立場にあります。それでも構わないと思っています」とした。

 さらに相棒のCHAGEの電話番号、メールアドレスも知らず、弁護士を通じてしか連絡が取れない状態を明かし、「相棒は、まだ『解散』を受け入れていません。ましてやこの『脱退』も受け入れられないでしょう。私にも受け入れられないことがある」と複雑な思いを吐露。今回の決断が一方的だったことを示唆している。

 「振り返れば『CHAGE and ASKA』は40年の活動の中で、誰にもできなかったことをやってきました。これは我らの勲章です」とつづり、「オレは別にアイツが嫌いな訳ではないよ」と結んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ