トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

くまだまさし、鼻で風船ふくらませる 謹慎前と同じネタ?披露

2019年8月19日 14時21分

鼻で風船を膨らませる芸を披露したくまだまさし

写真

 吉本興業の闇営業問題で19日に謹慎処分が解除されたお笑いタレントくまだまさし(46)が同日、東京・新宿のルミネtheよしもとの公演に出演し復帰した。

 この日は同じく謹慎が解けた2700が「夏休み大ネタ祭 12時の部」に登場。くまだは「14時の部」に出演した。

 観客の拍手にくまだは「あったかすぎて逆にやりずらくなってきた」と恐縮。「きょうから謹慎が明けまして頑張っていきたい。まだまだ若手の(芸歴)23年目」と自己紹介し笑わせた。ネタに入る前に「世間の皆さま、関係者の皆さま、大変ご迷惑をおかけしました。そして、何よりも一番は今まで詐欺被害に遭われた方でこの件で不快に思われた方がいらっしゃいましたら本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 続けて「きょうから復帰ということになったが、これから1カ月先、半年先、1年先でも自分のできる限り啓蒙(けいもう)活動をやっていきたいと思っています。ずっとずっと反省の心、気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたい」とあいさつした。

 しんみりとした雰囲気となったが「ここからネタにいきたいが、空気を変えるためにもう一回出てきますので、ウソのような拍手と歓声を」と観客にお願いした。

 再登場すると、明るい表情で「きょうのネタは謹慎前と同じ」と沸かせ、鼻で風船を膨らませる芸など披露した。観客には風船や自身の顔のアップのポスターなど微妙な品々をプレゼントし、苦笑いさせていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ