トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

2700、トップバッターでネタ披露 吉本闇営業の11人の謹慎解除

2019年8月19日 13時1分

舞台に登場し頭を下げる2700の八十島宏行(左)と常道裕史

写真

 吉本興業の闇営業問題で謹慎処分を受けていたお笑いコンビ「2700」の八十島宏行(35)と常道裕史(36)が19日に処分を解除され、東京・新宿のルミネtheよしもとの公演に出演し復帰した。

 吉本は9日、19日付で11人の謹慎を解除すると発表していた。この日、2人は「夏休み大ネタ祭 12時の部」に出演。観客の温かい拍手に迎えられ登場すると「ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と頭を下げた。八十島が「きょうから復帰ということで、また頑張らせていただきますのでよろしくお願いします」と語った。久しぶりの仕事ということでネタをどうするのか2人で相談。八十島は「1カ月のブランクがあるのでコントをやりたいと言った」という。「久しぶりの公の場なのでヒジだみたいな話もあって」と説明し「右ひじ左ひじ交互に見て〜」のネタを2人で披露した。その後、コントを展開したが、途中に闇営業ネタを自虐的に入れるなど会場をわかせた。

 この日は処分を解除された11人のうち5組7人が舞台に登場する。この後、くまだまさし(46)、「スリムクラブ」の真栄田賢(43)と内間政成(43)、ムーディ勝山(39)、「ストロベビー」のディエゴ(41)が出演する。

 また残る4人の「ガリットチュウ」の福島善成(41)は20日に同劇場の「夏休み大ネタ祭 12時の部」で、「天津」の木村卓寛(43)は22日に千葉・よしもと幕張イオンモール劇場の「夏休み!昼ネタライブ1回目」(午後1時30分)、「ザ・パンチ」のパンチ浜崎(38)は24日に同劇場の「週末ネタライブ1回目」(午後0時30分)、レイザーラモンHG(43)は同日にルミネtheよしもとの「土日祝16時の部」にコンビで出演することが決まっている。

 「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)の復帰は未定。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ