トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

3人目のランナーは近藤春菜 「24時間テレビ」駅伝

2019年8月10日 21時54分

「24時間テレビ」チャリティーマラソンの3人目のメンバーとして「ガンバレルーヤ」よしこ(左)といとうあさこ(右)の練習に合流した近藤春奈=神奈川県大磯町で

写真

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)が10日、日本テレビ系で24、25日に放送される「24時間テレビ42」のチャリティーマラソンランナーを務めることが発表された。4人の走者がそれぞれフルマラソンを走ってタスキをつなぐ「駅伝方式」の今年のマラソン。すでにお笑い芸人のいとうあさこ(49)と「ガンバレルーヤ」よしこ(28)が走ることが決まっており、残る1人も今後、発表される。

 10日放送の同局の番組「嵐にしやがれ」(土曜午後9時)内で公表された。近藤はマネジャーから先月、8月末にマラソンの仕事が入ったことを知らされた。「走れるのか」と一瞬不安がよぎったが、今回はリレー形式で、自分と同じ女性お笑い芸人の2人が走ることを知り「彼女たちにタスキをつなぎたいし、つながりたい」と意を決した。

 「2人の足を引っ張らないようにがんばる」と控えめだが「太っていても運動ができるということを見てほしいし、自分もそのことを理由にできないとは言いたくない」と静かに闘志を燃やした。ランナーに決まってから皇居周辺をランニングしたが「サングラスをかけたオジサンみたい」(いとう)で誰にも近藤とバレずに、ランナー就任を発表までに隠し通すことができた。

 近藤は8日、神奈川県大磯町での合同自主トレに合流。いとうとよしこがこの日、30キロを走破したことを聞いて「すごいな!」とびっくり。一日の最高走行距離はまだ9キロで「自分はまだ1ケタ。すいません」と調整遅れに焦りも見せた。いとうから「よくバレなかったね」と話しを向けられると近藤は「これだけ長く内緒にしていたので(3人目は)大物なのでは、という空気感になっていてすごくプレッシャー」と頭をかいた。

 残る1人のランナーについて3人は異口同音に「信頼が置ける人」と評価。いとうが「女が4人集まるとね…」とほのめかしたが、よしこがすかさず「あの人は男性なのかな、女性なのかな」とけむに巻いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ