トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

被爆3世役に岩田華怜「意識変わった」

2019年8月9日 紙面から

開演前意気込みを語った岩田華怜=東京・渋谷で

写真

 元AKB48で女優の岩田華怜(21)が主演するミュージカル「Signs!〜微力だけど無力じゃない〜」が8日、東京・渋谷の伝承ホールで初日を迎えた。

 きょう9日は「ながさき平和の日」。長崎の被爆3世を演じる岩田は、開演前に「6月からのけいこ期間、一生懸命に役と向き合ったので、皆さんにお見せできるのが楽しみ。あしたは全員で黙とうして上演に臨む」と意気込んだ。

 1998年に長崎で始まり、毎年全国の高校生が核兵器廃絶を求めて署名を集め国連軍縮会議に届け、昨年ノーベル平和賞候補になった「高校生平和大使」の活動を描く作品。6月に長崎を訪問、原爆資料館や爆心地を見学したほか、実際に高校生たちとの署名活動も体験した岩田。「意識が変わった。ノンフィクションだが、実在する誰かの人生を演じているかと思うといつも以上にがんばろうという気になる」と目を輝かせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ