トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

小泉孝太郎 弟の結婚報告に「時が止まった」 滝川家での食事は最高のお・も・て・な・しでした

2019年8月7日 20時17分

小泉進次郎衆院議員の結婚をを受け、記者会見する兄・小泉孝太郎(稲岡悟撮影)

写真

 おにぃも予想外だった―。小泉進次郎衆院議員(38)の兄で俳優の小泉孝太郎(41)が7日、東京都内で緊急会見を開いた。6月上旬に自宅で結婚を打ち明けられた時に「時が止まった。何秒か止まって。こういう一手があったか」と“神の一手”にうなったことを明かした。

 弟が2009年に初当選した時だった。公にデートもできない立場になり、「おにぃ。結婚、恋愛は諦めた。おにぃが結婚してくれ」と告げられたという。だから、6月に自宅に来た時も予感はなかった。部屋で飲んでいると、小泉議員がいきなり切り出したという。

 「実はさ。結婚するから。おにぃも会ったことある人だよ」

 スマホで滝川の写真を見せられ、「時が止まった」という。そして、6月に元首相で父の純一郎氏(77)と兄弟、滝川の4人で会食した時にも驚きがあったと振り返った。

 「(父が)ところでなんで『クリスタル』じゃなくて『クリステル』なんだって言った。父のいろんな角度から飛んでくる会話を全部ひろってくれました。そこに笑顔が生まれていた」

 滝川の柔軟力に舌を巻き、「こうやってすっと入る女性がお相手なんだと思った」という。また、滝川家での食事にも誘われたという。「お肉を焼いてくれました。何とも言えない。あー自分の妹になるのかって(笑)進次郎の子供にフランスの血が入るのか〜とかね。最高の『お・も・て・な・し』でした」。兄はほおを緩めた。

 滝川は「進ちゃん」、小泉議員は滝川の日本名(非公表)で呼び合っていることも明かした。弟に先を越されたが「のんきな性格なので」と祝福ムード。「(結婚発表の)直前まで、僕がクリステルさんとデートしてカムフラージュしようかと話していた。ばかばかしい話ですけど」と言い、「僕の結婚はないですから。突然系はないですから」と笑いを誘った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ