トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

遼河はるひ結婚 11歳年下Jリーガーと

2019年8月7日 紙面から

現役Jリーガーとの結婚が決まった遼河はるひ(岡本沙樹撮影)

写真

 元宝塚歌劇団員で女優の遼河はるひ(43)がサッカーJリーグ2部(J2)のV・ファーレン長崎に所属するGK鈴木彩貴(あやき)選手(32)と結婚することが分かった。所属事務所によると、遼河が7日に東京都内で婚姻届を提出する。挙式は未定。女優活動は今後も東京を拠点に継続する。

 2人は愛知県出身。鈴木選手がJ1横浜F・マリノスに所属していた昨年、たまたま遼河の知人の飲食店を訪れて出会った。同郷同士で会話がはずみ、約1年間、交際を続けてきた。

 遼河は宝塚歌劇団を2009年に退団した後、テレビドラマや映画などに多数出演している。鈴木選手は中京大中京高−立命館大などを経て、15年にJ2のギラヴァンツ北九州でJリーグデビュー。長崎では控えGK。

<遼河はるひ(りょうが・はるひ)> 1976(昭和51)年2月2日、名古屋市生まれの女優。椙山女学園中学・高校出身。96年に宝塚歌劇団入団。月組、宙組で男役として活躍した。「グレート・ギャツビー」(2008年)のニック、「エリザベート−愛と死の輪舞」(09年)のルドルフ皇太子などを演じた。09年の退団後はテレビ、舞台などで活躍。フジテレビ系=東海テレビの昼ドラ「癒し屋キリコの約束」(15年)で連ドラに初主演した。特技は日舞。

鈴木彩貴

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ