トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

キンプリ平野、ジャニーさんに誓う 「世界に日本のエンタメ届けたい」

2019年7月22日 紙面から

笑顔を見せるKing&Princeの(左から)神宮寺勇太、永瀬廉、平野紫耀、岸優太、高橋海人(稲岡悟撮影)

写真

 アイドルグループ「King&Prince」(通称キンプリ)が21日、横浜市でコンサートツアーの横浜公演最終日を迎えた。新曲「koi−wazurai」を初披露、全33曲で1万5000人を沸かせた。9日に亡くなったジャニー喜多川さんが生前、最後にCDデビューさせたグループは恩師超えを誓った。

 平野紫耀(22)は大きく息を吸い、言葉に熱を込めて吐いた。「ジャニーさんに教えてもらった以上のものを発案して、いずれはジャニーさんに代わって世界の方々に日本のエンターテインメントを届けたい」。目線は海の向こう。リーダーの岸優太(23)も「いつかは海外。パフォーマンスで戦えるようになりたい」と決意を語った。

 ステージは嵐の松本潤(35)からの助言も生かし趣向をこらした。「王子様の二面性。キラキラした王子様と、上品で気品ある王子様を見せようと思った」とは平野。野性味あふれるダンスや、セクシーな映像、神宮寺勇太(21)がギターを弾くなど大人の香りも漂わせた。今ツアーは7都市32公演で計34万人を動員予定。平野は「ジャニーさんには伝えられなかったけど、目の前のファンを必ず幸せにします」と天に向かって報告した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ