トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

宮迫、会見を前日拒否 吉本が会場用意も「契約解除でいい」

2019年7月19日 22時23分

写真

 宮迫は闇営業問題が発覚してから会見は一切開かず、直接説明することはなかった。関係者によると、宮迫が会見を希望したため、吉本は19日に実施する準備をしていたが、宮迫が前日になって拒否し実現しなかったという。

 宮迫は吉本に引退を申し入れ、吉本は会見のために東京都内のホテルを会場として抑えた。しかし、18日になって宮迫は会見を拒否し、打ち合わせにも姿を見せず「会見はやりません。契約解除でいいです」と話したという。

 これを受け、吉本は19日、宮迫が会見を行わないことを明言。一部メディアが会見すると報じたため、あらためてマスコミ各社に「会見の予定はございません」と通知する念の入れようだった。

 しかし、問題が発覚して以降、会見を開かないことには吉本所属芸人からも疑問の声が上がっていた。千原ジュニア(45)は先月25日放送のTBS系「ビビット」で「先輩である2人(宮迫、田村亮)が矢面に立って質疑応答込みの会見を開くべきだった」などと批判。たむらけんじ(46)や月亭方正(51)も会見の必要性を訴えていた。身内からも会見の必要性が訴えられていたにもかかわらず、最後まで実現することはなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ