トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「天気の子」新海誠監督 京アニ火災に「ひるまずやり続ける」

2019年7月19日 18時40分

初日舞台あいさつに登壇した(左から)吉柳咲良、森七菜、新海誠監督、醍醐虎汰朗、本田翼、小栗旬

写真

 新海誠監督(46)の新作アニメ映画「天気の子」の初日舞台あいさつが19日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日比谷で行われた。

 多数の死傷者が出た京都アニメーションの放火事件から一夜明け、登壇した新海監督は事件に触れ、「とても痛ましい事件があり、どういう気持ちで初日に臨んだらいいのかと思っていましたが、ここにいる皆さんのお顔を見て、僕たちの仕事はどんなことがあってもエンターテインメントを作って表現することだ、と。誰かを傷つける可能性もゼロでありませんが、ひるまずやり続けることが自分たちの生業であり、役目だとあらためて思いました」などと語った。

 舞台あいさつにはほかに主人公の声を演じた醍醐虎汰朗(18)や森七菜(17)、小栗旬(36)らキャストが登壇した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ