トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

NHKで「寅さん」少年時代描く 原作は山田洋次監督、母役の井上真央主演

2019年7月17日 紙面から

写真

 国民的映画「男はつらいよ」シリーズの主人公、フーテンの寅さんこと、車寅次郎の少年時代を描くNHK土曜ドラマ「少年寅次郎」の制作開始を16日、同局が発表した。放送は10月19日スタート(毎週土曜午後9時)。原作は映画シリーズを手掛けてきた山田洋次監督(87)の「悪童(わるがき) 小説寅次郎の告白」だ。

 ドラマは寅次郎出生秘話から戦争を挟んだ悪ガキ時代を経て、妹さくらに見送られて葛飾柴又を後にする14歳までの足跡を、脚本家岡田惠和さん(60)の脚本で紡いでいく。主演は寅次郎の母・光子役の井上真央(32)=写真=が務める。山田監督は「映画では描かれていない寅さんの出生の秘密から子ども時代、思春期を描いたエピソード・ゼロとでも言うべきお話です」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ