トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

L’Arc手掛ける男が再びプロデュース ヘヴィメタMary’sBlood

2019年7月14日 20時35分

ニューアルバム「CONFESSiONS」のPRで本紙を訪れたMary’sBloodのEYE(北村彰撮影)

写真

 4人組ガールズメタルバンド「Mary’sBlood(メアリーズブラッド)」が5枚目のアルバム「CONFESSiONS」を発売した。前作に続き、プロデューサーに岡野ハジメさんを迎え、ボーカルのEYEは「岡野さんのアドバイスで、より深く音楽を掘り下げることができた」と振り返った。

 女性ハードロックバンド「SHOW―YA」の妹分であるヘヴィメタルバンド。2012年にデビュー後、国内外で活動してきた。力強いシャウトを聴かせるEYEだが、「重いサウンドを土台にしてるけど、どんなジャンルが好きな人にも聴きやすいメロディーを心掛けています」と親しみやすさをアピールする。

 岡野さんはL’Arc―en―Cielなどを手掛けるヒットメーカー。本作ではメンバーの可能性をより見抜いたうえで、「君たちならできる!!」とワンランク上のことを要求したという。EYEも限界ギリギリの高音に挑戦し、「厳しいけどレベルアップできた」と手応えを感じている。初めてラップも披露し、「ローマ字で振り仮名を付けて歌った。岡野さんの裏技のおかげで、キレが良くなった」と明かした。

 タイトルは「自白」の意味。メンバーそれぞれが心の闇や本音をさらけ出す詞を作り、EYEも「リアリティーがあって、共感が得られる曲がつまってる。聴く人を勇気付けられたらうれしい」と期待を込める。

 アルバム発売に合わせて全国ツアーを展開中で、8月3日には名古屋クラブクアトロに出演する。EYEは「ヘヴィメタルですが、決まり事はありません。気軽に来て、自由に楽しんで」とPRした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ