トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

北島兄弟、明治座からスタート 全国ツアー24カ所回る

2019年6月29日 紙面から

写真

 北山たけし(45)と大江裕(29)の演歌ユニット「北島兄弟」が28日、東京都中央区の明治座で全国ツアーをスタートさせた=写真。

 「若い世代にも届く演歌を」と、昨年夏にユニットを結成。今ツアーは同ユニットとして過去最大規模の全国24カ所を回る。

 ステージは2人の師匠の北島三郎(82)のヒット曲を歌う1部と、「北島兄弟」の新曲「兄弟連歌」やそれぞれの持ち歌を披露する2部構成。北山が太鼓や尺八を演奏したり、大江が女装で日舞を踊ったり、それぞれの持ち芸も披露して楽しませた。

 北島兄弟として明治座の舞台に立ったのは今回が初めて。北山は「師匠も喜んでくれました。これから2人で力を合わせて全国を回って、大みそかは2人で紅白(歌合戦)の舞台に立っていたい」と意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ