トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

千原ジュニア「会見しないのは、いかがなものか」 「闇営業」問題、雨上がり宮迫、ロンブー亮の行動に疑問

2019年6月25日 19時15分

闇営業問題で「会見を開くべきだった」と話した千原ジュニア

写真

 千原ジュニア(45)はTBS系「ビビット」(月〜金曜午前8時)で、今回の謹慎処分について「妥当」とコメント。自身は「疎外感を感じるくらい誘われていない」と闇営業とは無関係を強調した。

 今回の問題で闇営業を仲介した「カラテカ」の入江慎也(42)は契約解消で、宮迫らは謹慎処分という違いについて「入江の解雇は反社会的勢力と芸人をつなげたので当然」と語った。しかし「一方で1人の芸人が死んだ訳です。先輩である2人(宮迫、亮)が矢面に立って質疑応答込みの記者会見を開くべきだったんじゃないかと。1人の芸人が死んでいるところでツイッターでとかラジオで一方的にというのは、先輩としていかがなものか」と疑問を投げかけた。

 その後も「最初の報道と今回とどっちかでやるべきだった。やった方が誤解が解ける部分もあったでしょうし、真実もちゃんと伝えられた。芸人が今しゃべらないと、いつしゃべんねん」と会見の必要性を訴えた。

さらに、ギャラを受け取っていないと言っていた宮迫が一転「間接的ではありますが、金銭を受領していた」とのコメントを出したことについて、ジュニアは「謝罪文なのでそんな言葉はいらない」と先輩芸人をバッサリ切り捨てた。

 25日未明に亮の相方・田村淳(45)が、ウソをついていた亮を非難するツイートしたが、ジュニアは「大分ショックでしょうね」と淳を思いやった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ