トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ふぉ〜ゆ〜松崎、今度はとび松! フライングで「堂本光一を超えます!」

2019年6月20日 紙面から

舞台本番に向けて意気込む(左から)林翔太、松崎祐介、佃井皆美=東京都文京区の東京ドームシティで(高嶋ちぐさ撮影)

写真

 アイドルグループ「ふぉ〜ゆ〜」の松崎祐介(32)の主演舞台「デルフィニア戦記〜獅子王と妃将軍〜」(児玉明子演出)が19日、東京・文京区の東京ドームシティのシアターGロッソで開幕した。松崎は「今回、飛びます」と宣言、フィギュアスケート男子で五輪連覇中の羽生結弦(24)超えを誓った。同所で23日まで。

 飛びます!飛びます!!−。国王を演じる松崎が高速回転する。同舞台は茅田砂胡さんの冒険ファンタジー小説が原作で昨年12月公演に続く今回が第3弾。初の試みも用意した。ワイヤを使った豪快なフライングだ。

 「羽生結弦超えです。トリプルアクセルよりいかに回るか。『Endless SHOCK』の(堂本)光一くんのような立ち姿というかね。かっこいいじゃないですか、どこを見ても。堂本光一を超えます!」

 五輪王者に加え、勢いに乗って大先輩超えも口にした。「−SHOCK」といえば、堂本の華麗なフライングが代名詞。松崎もキャストで参加しており「目標は高く、根は深く」と言いつつも「光一くん見ないでね」と笑いながら懇願した。

 妖艶な暗殺者シェラ役のジャニーズJr.の林翔太(29)は「女子力を上げようと思って人生初のネイルをしました。めちゃくちゃ恥ずかしかったけど、いいですね」と色目でアピール。国王の松崎もタジタジだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ