トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

覚悟を決めて脱アイドル! アイドルカレッジ発「HOP-PAS」来月デビュー

2019年6月20日 紙面から

HOP−PASの(前列左から)海老原優花、石塚汐花、冨田樹梨亜、今野穂乃花(後列左から)内藤里奈、河東杏樹、高橋なみ=東京都千代田区で(安江実撮影)

写真

 アイドルグループ「アイドルカレッジ」から派生した10人組の新ガールズユニット「HOP−PAS(ホッパス)」が19日、東京都内でデビューシングル「LOVE TALK」(7月2日発売)を熱くPRした。

 HOP−PASはスウェーデン語の「希望」にちなんだグループ名。メンバーはアイドルカレッジでアイドルとしての活動を積んできたが、リーダーの石塚汐花(21)は「HOP−PASはアイドルグループではありません。アイドル活動をしてきた自分を変えていきます。メンバーみんなと覚悟を決めて活動していきたい」と宣言。リリースされる「LOVE TALK」について河東杏樹(25)は「スウェーデンの人気作家の書き下ろしでこだわった作品です」とアピールした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ