トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

五木「紅白で歌詞間違えたことない」 NHKホールで芸能55周年コンサート

2019年6月14日 紙面から

芸能生活55周年を記念したスペシャルコンサートを行った五木ひろし=東京・NHKホールで(五十嵐文人撮影)

写真

 歌手の五木ひろし(71)が13日、東京・NHKホールで芸能生活55周年記念のスペシャルコンサート「紅白歌唱41曲の軌跡」を開き、大みそかのNHK紅白歌合戦で披露してきたヒット曲で3500人のファンを楽しませた。

 紅白歌合戦の舞台になっている同ホールにちなみ、初出場した1971年の紅白で歌った「よこはま・たそがれ」から、昨年の紅白での「VIVA・LA・VIDA!」まで、紅白で歌ってきた全41曲を懐かしい放送映像も交えて披露。48年連続出場の足跡をファンとともに振り返った。

 同ホールでは12年ぶりのソロ公演。本番を前に五木は「NHKホールだからこそできるコンサートとして企画しました。皆さんに時の流れを感じてもらえればうれしいです」と話した。

 48回の紅白出場回数は森進一(71)と並ぶ歴代2位。「紅白では一度も歌詞を間違えたことがない。これが自慢です。ずっと歌の道を歩んでこられて幸せですし、令和の時代も頑張っていきたい」と意気込んだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ