トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

パワハラ、ブラック企業に打ち勝つ方法とは… 飯島寛騎、鈴木勝吾W主演舞台

2019年6月13日 22時11分

舞台「ちょっと今から仕事やめてくる」に出演する(左から)葉山昴、中島早貴、飯島寛騎、鈴木勝吾、田中健=東京・渋谷で

写真

 俳優の飯島寛騎(22)、鈴木勝吾(30)がダブル主演する舞台「ちょっと今から仕事やめてくる」が13日、東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で開幕した。70万部を超える大ベストセラーとなった北川恵海さんの同名小説の初舞台化。飯島は「パワハラ、ブラック企業などの壁をどう乗り越え、伸びていくのか楽しみに来てほしい」とPRした。同所で23日まで。

 飯島は若手社員、鈴木は同級生の役を演じる。飯島は「(鈴木は)何でも迷わずに言ってくれるので、良くも悪くも頼りになるアニキでした」と笑いながら声を張り上げた。一方、鈴木は「若者らしい真っすぐさ、情熱を持っている。誰よりも早くけいこ場に来てたくましい役者になった。良くも悪くも良い後輩です」と返した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ