トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

浅草で人力車を引く男たちがメジャーデビュー イケメン細マッチョの5人組

2019年6月12日 23時1分

「二足のわらじで夢追い掛ける」と意気込む東京力車の(左から)田井裕一、石橋拓也、山田和則、渡邉善央、白上一成=名古屋市中区で(松田雄亮撮影)

写真

 東京・浅草で人力車を引く現役俥夫(しゃふ)によるパフォーマンスグループ、東京力車がシングル「唯我独尊SOUL」でメジャーデビューした。イケメン細マッチョの5人組。リーダーの石橋拓也(27)は「二足のわらじで夢を追い掛けたい」と意気込んだ。

 メンバーは石橋と渡邉善央(23)、山田和則(21)=愛知県津島市出身、白上一成(25)、田井裕一(25)。2020年東京五輪・パラリンピックを前に、エンターテインメント活動を通して和の文化や人力車を世界へアピールするオーディションで集まった。

 人力車で観光案内する合間に、ストリートライブをこなしてきた。路上パフォーマンスの大先輩である一世風靡(ふうび)セピアにならい、CD付きポスターを売る「ポスターデビュー」に挑戦。目標枚数2020枚を超える3000枚を完売させ、デビューにこぎつけた。

 ライブでは黒い腹掛けに地下足袋姿で、アクロバットを交えて歌い踊る。「唯我―」は「よいしょ!!」「エイサ!!」の掛け声を多用した威勢の良い楽曲。5人も「お祭りみたいに盛り上がる」と気に入っている。一世風靡セピアの大ヒット曲「前略、道の上より」のカバーも収録し、オトナ世代へのアピールもバッチリだ。

 海外イベントへの出演も多く、国内ではCDデビューを機に全国でのパフォーマンス披露を増やす。5人は「人力車や僕らのライブをぜひ、生で体験して」と呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ