トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

芦名星が女同士のバトル!! BSテレ東ドラマ「W県警の悲劇」

2019年6月12日 紙面から

写真

 女優芦名星(35)が、7月にスタートするBSテレ東の連続ドラマ「W県警の悲劇」(土曜午後9時)で主人公の女性警視・松永菜穂子を演じる=写真。菜穂子は「警察の中の警察」とも言える監察官として毎回、一筋縄ではいかない女性警察官と対峙(たいじ)、“女同士のバトル”を展開する。

 人気作家・葉真中顕さんの同名小説をドラマ化。高級中華料理店で開かれるW県警本部幹部たちの集い、通称「円卓会議」。実質の最高意思決定機関である会議のメンバー入りを狙う菜穂子は、監察官として日々奮闘する。菜穂子が毎回、各所轄にいる女性警察官と繰り広げる“バトル”が見どころで「女が怖くなる“極嬢”サスペンス」となっている。

 日本テレビ系「ST 警視庁科学特捜班」、テレビ朝日系「相棒」などのドラマに出演し、新サスペンス女王の呼び声も高い芦名が「この夏はここに尽力しよう」と覚悟を決めて臨む。

 台本や原作を読んで「こんなに先を先をと、早く最後が知りたいと思う台本を読んだのは久しぶりでした」と興奮気味に語る。どんでん返しのあるストーリーで「最終話まで楽しんでいただいた最後の最後の先に…私も驚愕(きょうがく)した出来事が待っています!」と意味深に予告している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ