トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

田口&小嶺容疑者、大麻常習か 所持と使用認めるも供述食い違い

2019年5月24日 紙面から

大麻取締法違反の疑いで逮捕された(右)田口淳之介容疑者と(左)小嶺麗奈容疑者

写真

 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたアイドルグループ「KAT−TUN」の元メンバー田口淳之介容疑者(33)と、女優の小嶺麗奈容疑者(38)が、関東信越厚生局麻薬取締部の調べに、大麻の所持と使用について認める供述をしていることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 ただ、所持容疑については、田口容疑者が「大麻は2人のもの」と供述している一方、小嶺容疑者は「自分だけのもの」とし、供述に食い違いがある。使用については、大麻取締法に処罰規定がない。麻薬取締部は、入手経路や使用の実態を詳しく調べるほか、24日に大麻取締法違反(所持)容疑で送検する。

 捜査関係者によると、内縁関係にあった2人の自宅から見つかった乾燥大麻は、ポリ袋に入った状態だった。数グラムと少量で、分包して他者に販売する際に必要な計量器具などは見つかっていない。巻き紙など吸引するための用具があった。大麻は隠された様子もなかったという。同部はこのため、両容疑者は営利目的ではなく、常習的に使用する目的で所持していたとみている。

 2人は22日午後1時45分ごろ、同居していた世田谷区の自宅マンションで数グラムの乾燥大麻を所持した疑いで現行犯逮捕された。

◆国分太一 元ジャニーズ後輩に苦言

 TOKIOの国分太一(44)が23日、メインキャスターを務めるTBS系情報番組「ビビット」(月〜金曜午前8時)に生出演。かつて同じジャニーズ事務所に所属した後輩の田口淳之介容疑者について「こんなやつじゃなくて本当に純粋」などと残念そうに語った。

 番組冒頭から田口容疑者の話題が取り上げられると、国分は「彼とは何度かサシで食事をしたこともあります。ただ、俺の知っている田口はこんなやつじゃなくて、本当に純粋で仕事の悩みを聞いたりとか、プライベートの話をしたりとかしていたので本当に衝撃が大きい」とコメントした。

 KAT−TUNは現在、亀梨和也(33)ら3人で活動しているが「(事件によって)KAT−TUNという名前が傷ついてしまう」と先輩らしく思いやった。その上で田口容疑者には「もうちょっと自覚を持ってほしかった」と話した。

 また同容疑者の印象について「すごく笑顔もかわいいですし、先輩の話をよく聞く子。先輩からしても、かわいがりたいなと思う後輩」と語っていた。

 一方、タレントの薬丸裕英(53)もこの日、生出演したフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜午前11時55分)で、小嶺容疑者の薬物使用について「昔からそういううわさがあるってことは、僕の耳にも届いていました」と明かした。

◆CDなど出荷停止

 田口容疑者の逮捕を受け、大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」は23日、同容疑者が17年4月から昨年11月までの所属期間中にリリースしたCDと映像商品全タイトルの出荷および配信を停止することを発表した。すでにアーティスト契約は終了している。対象となるのは、メジャーデビューシングル「Connect」、ファーストアルバム「DIMENSIONS」など。

 また、東京・神田神保町の書店「書泉グランデ」もこの日、田口容疑者が6月15日に開催予定だった写真集「A Man」の発売記念握手会イベントの中止を発表した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ